キーワード入力>>



「プロ野球」での一括検索事典



「プロ野球」での検索結果INDEX


インターネット上やニュースで話題の人名などをキーワードにした一括検索の一覧です。クリックすると最新の検索結果が表示されます。
ニュース GoogleニュースYahoo!ニュース
Twitterリアルタイム情報 Yahoo!リアルタイム検索
ウェブサイト・ホームページ GoogleYahoo!
ブログ Yahoo!ブログ検索Googleブログ検索
質問回答Q&A(口コミ) Yahoo!知恵袋教えてGoo(OKwave)はてな人力検索
辞書・辞典 WeblioYahoo!辞書goo辞書
画像・写真 Yahoo!画像検索google画像検索
動画・映像 Yahoo!動画検索YouTube
DVD Amazon.co.jp
音楽ファイル Yahoo!ミュージック検索
CD Amazon.co.jp
本・書籍 Amazon.co.jp
グッズ Amazon.co.jp楽天市場

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:「プロ野球」


プロ野球
プロ野球(プロやきゅう)とは、野球のプロフェッショナルスポーツ(プロスポーツ)形態を指す言葉である。略さずに「プロフェッショナル野球」とも言う。対義語は「アマチュア野球(アマ野球)」である。英語では「professional baseball」と表記される。 日本においては、特に日本野球機構(略称:NPB)によって統括されているリーグ(日本プロ野球)と米国、カナダで主に行われるメジャーリーグベースボール(MLB、大リーグ)を指すが、単純に「プロ野球」とのみいう場合はNPBを表す場合が多い。また、1950年代あたりまでは、職業野球と呼ばれていた(日本最初のプロ野球機構も1938年までは「日本職業野球連盟」だった)。 女子野球のプロスポーツ形態については女子プロ野球と呼ばれる。 他のプロスポーツ同様、試合を行うことで観客から入場料を徴収し、それを球団の利益ならびに選手の報酬としている。球団・選手とも野球を専業職とし、試合やそれに関連する収益で所得の全てを賄う。この点がアマチュア野球とは大きく異なる。プロ野球の球団はプロ野球球団、プロ野球チームと呼ばれ、選手はプロ野球選手と呼ばれる。
プロ野球解説者一覧
プロ野球解説者一覧(プロやきゅうかいせつしゃいちらん)では、日本を含む世界のプロ野球球団で選手・コーチ・監督・スカウトを経験した人物のうち、2016年現在の時点において、日本国内のテレビ局・ラジオ局と契約を結んだうえで、公式試合の中継番組などに出演する解説者やコメンテーターを以下に列記する。 特定の放送局の野球中継で定期的に解説を務めながら、他局の(野球中継以外の)番組へコメンテーター・パネラー・タレントとして出演する人物については、解説者として中継に出演する局の項目にのみ記載。中継へ定期的に出演する放送局が公表されていない人物や、ゲスト解説者として不定期で各局の中継へ登場する人物については、便宜上フリーの項目にまとめている。 2016年から新たに解説者として活動する人物には、氏名を太斜体で表記。その他の解説者については、以下のパターンに沿って、一覧の氏名の直後に印を付けている。 ●:2016年から解説者としての活動を再開する人物が、再開前に契約していた放送局へ復帰した場合。 ■:2016年から解説者としての活動を再開する人物が、新規・追加を問わず、再開前とは別の放送局と契約した場合。
プロ野球再編問題 (2004年)
2004年のプロ野球再編問題(プロやきゅうさいへんもんだい)とは、2004年に日本プロ野球球団の大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブが、合併を前提に話し合うと発表したことを始まりとして議論された、プロ野球の業界再編問題。 オリックスと近鉄の合併(近鉄のオリックスへの売却)構想が表面化したことで、両球団のオーナー・経営陣が、あまりの事の唐突さに労働組合日本プロ野球選手会と野球ファンの猛烈な反発を受けた事がこの問題の発端である。 さらにこれを機に、経営難に陥っているパシフィック・リーグ各球団が人気のあるセントラル・リーグ球団からの救済を求めたことに加え、球界の独占的な支配を図っていると一般から見なされた、一部の有力球団のオーナーが球団数を大幅に削減しようと考えていたことにより、8 - 10球団の1リーグ制への流れが急速に進んでいったことも明らかになった。
プロ野球球団合併問題
『プロ野球再編問題 (2004年)』より : 2004年のプロ野球再編問題(プロやきゅうさいへんもんだい)とは、2004年に日本プロ野球球団の大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブが、合併を前提に話し合うと発表したことを始まりとして議論された、プロ野球の業界再編問題。 オリックスと近鉄の合併(近鉄のオリックスへの売却)構想が表面化したことで、両球団のオーナー・経営陣が、あまりの事の唐突さに労働組合日本プロ野球選手会と野球ファンの猛烈な反発を受けた事がこの問題の発端である。 さらにこれを機に、経営難に陥っているパシフィック・リーグ各球団が人気のあるセントラル・リーグ球団からの救済を求めたことに加え、球界の独占的な支配を図っていると一般から見なされた、一部の有力球団のオーナーが球団数を大幅に削減しようと考えていたことにより、8 - 10球団の1リーグ制への流れが急速に進んでいったことも明らかになった。
プロ野球中継
プロ野球中継(プロやきゅうちゅうけい)とは、プロ野球の試合をテレビやラジオで中継放送する番組のことである。 本項では、日本の一般社団法人日本野球機構(NPB)によるプロ野球の試合中継について記述する。メジャーリーグベースボール(MLB)の中継についてはメジャーリーグベースボール#テレビ放映権を参照。 日本のプロ野球中継の歴史 黎明期 日本のプロ野球中継の基点は1936年2月9日、東京巨人軍対名古屋金鯱軍(「巨人軍渡米送別試合兼金鯱軍結成記念試合」と銘打たれた。また、プロ野球機構に所属する球団同士としては日本初の試合であった)の日本放送協会名古屋中央放送局(現:NHK名古屋放送局)によるローカル中継である。その後、同年7月に開かれた「日本職業野球連盟結成記念大会」(東京・早稲田大学戸塚球場〔後の安部球場〕)が、東京中央放送局(JOAK。現在のNHK)により放送。大会期間中の全試合を生中継し、特に初日と決勝戦には「神宮球場に烏が2羽、3羽」の名調子でならした松内則三と和田信賢が実況を担当した。
プロ野球オーナー会議
『プロ野球』より : 日本プロ野球(にほんプロやきゅう)では、日本国内におけるプロ野球について記述する。 日本国内において「プロ野球」といえば、日本野球機構(NPB)傘下のセントラル・リーグ(セ・リーグ)とパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の2リーグ全12球団を指す。2000年代後半からは、各地にNPBとは別個の独立リーグや女子プロ野球が立ち上げられている。 日本野球機構(NPB) NPBのリーグ・球団 日本野球機構(NPB)傘下にはセントラル・リーグ(セ・リーグ)とパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の2リーグがある。両リーグ各6球団を擁し、計12球団の陣容は下記となっている(「プロ野球12球団」という)。 = セントラル・リーグ = = パシフィック・リーグ = 「収容人数」:消防法上の定員、またはプロ野球開催時の定員。 「平均観客数」:本拠地ホームゲームの1試合平均観客数(2013年)。クライマックスシリーズ、日本シリーズの観客数は含まず。ソフトバンクによれば全球団が満席率をベースにしており、未発券の分を引いた数を発表しているという。
プロ野球球団
『プロ野球』より : プロ野球 > プロ野球チーム一覧(プロやきゅうチームいちらん) 各国のプロ野球チームの一覧。 日本 日本野球機構(NPB) = セントラル・リーグ = ※球団創立順 読売ジャイアンツ:1934年12月26日発足本拠地:東京ドーム(東京都・文京区) 大日本東京野球倶楽部(1934年)→東京巨人軍(1935年〜1946年)→読売ジャイアンツ(1947年〜) 阪神タイガース:1935年12月10日発足本拠地:阪神甲子園球場(兵庫県・西宮市) 大阪タイガース(1935年〜1940年途)→阪神軍(1940年途〜1946年)→大阪タイガース(1947年〜1960年)→阪神タイガース(1961年〜) 中日ドラゴンズ:1936年1月15日発足本拠地:ナゴヤドーム(愛知県・名古屋市東区) 名古屋軍(1936年〜1943年)→産業軍(1944年)→中部日本軍(1946年)→中日ドラゴンズ(1947年〜1950年)→名古屋ドラゴンズ(1951年〜1953年)→中日ドラゴンズ(1954年〜) 横浜DeNAベイスターズ:1949年11月22日発足本拠地:横浜スタジアム(神奈川県・横浜市中区) 大洋ホエールズ(1950年〜1952年)→大洋松竹ロビンス(1953年〜1954年)→大洋ホエールズ(1955年〜1977年)→横浜大洋ホエールズ(1978年〜1992年)→横浜ベイスターズ(1993年〜2011年)→横浜DeNAベイスターズ(2012年〜) 広島東洋カープ:1949年12月15日発足本拠地:MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(広島県・広島市南区) 広島カープ(1950年〜1967年)→広島東洋カープ(1968年〜) 東京ヤクルトスワローズ:1950年1月12日発足本拠地:明治神宮野球場(東京都・新宿区) 国鉄スワローズ(1950年〜1965年途)→サンケイスワローズ(1965年途〜終了)→サンケイアトムズ(1966年〜1968年)→アトムズ(1969年)→ヤクルトアトムズ(1970年〜1973年)→ヤクルトスワローズ(1974年〜2005年)→東京ヤクルトスワローズ(2006年〜) = パシフィック・リーグ = ※球団創立順 オリックス・バファローズ:1936年1月23日発足本拠地:京セラドーム大阪(大阪府・大阪市西区) 阪急軍(1936年〜1946年)→阪急ベアーズ(1947年〜1947年途)→阪急ブレーブス(1947年途〜1988年)→オリックス・ブレーブス(1989年〜1990年)→オリックス・ブルーウェーブ(1991年〜2004年)→オリックス・バファローズ(2005年〜) 福岡ソフトバンクホークス:1938年3月29日発足本拠地:福岡ヤフオク!ドーム(福岡県・福岡市中央区) 南海軍(1938年途〜1944年途)→近畿日本軍(1944年途〜1946年途)→近畿グレートリング(1946年途〜1947年途)→南海ホークス(1947年途〜1988年)→福岡ダイエーホークス(1989年〜2004年)→福岡ソフトバンクホークス(2005年〜) 北海道日本ハムファイターズ:1945年11月6日発足本拠地:札幌ドーム(北海道・札幌市豊平区) セネタース(1946年)→東急フライヤーズ(1947年)→急映フライヤーズ(1948年)→東急フライヤーズ(1949年〜1953年)→東映フライヤーズ(1954年〜1972年)→日拓ホームフライヤーズ(1973年)→日本ハムファイターズ(1974年〜2003年)→北海道日本ハムファイターズ(2004年〜) 千葉ロッテマリーンズ:1949年9月21日発足本拠地:QVCマリンフィールド(千葉県・千葉市美浜区) 毎日オリオンズ(1950年〜1957年)→毎日大映オリオンズ(1958年〜1963年)→東京オリオンズ(1964年〜1968年)→ロッテオリオンズ(1969年〜1991年)→千葉ロッテマリーンズ(1992年〜) 埼玉西武ライオンズ:1949年11月26日発足本拠地:西武プリンスドーム(埼玉県・所沢市) 西鉄クリッパース(1950年)→西鉄ライオンズ(1951年〜1972年)→太平洋クラブライオンズ(1973年〜1976年)→クラウンライターライオンズ(1977年〜1978年)→西武ライオンズ(1979年〜2007年)→埼玉西武ライオンズ(2008年〜) 東北楽天ゴールデンイーグルス:2004年9月24日発足本拠地:楽天koboスタジアム宮城(宮城県・仙台市宮城野区) 東北楽天ゴールデンイーグルス(2005年〜) = イースタン・リーグ = ※本拠地所在地順 東北楽天ゴールデンイーグルス本拠地:楽天イーグルス利府球場(宮城県・宮城郡利府町)、荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(山形県・東村山郡中山町) 東北楽天ゴールデンイーグルス(2005年〜) 千葉ロッテマリーンズ本拠地:ロッテ浦和球場(埼玉県・さいたま市南区) 毎日グリッターオリオンズ(1950年〜1955年)→毎日大映オリオンズ(1961年〜1963年)→東京オリオンズ(1964年〜1968年)→ロッテオリオンズ(1969年〜1991年)→千葉ロッテマリーンズ(1992年〜) 東京ヤクルトスワローズ本拠地:ヤクルト戸田球場(埼玉県・戸田市) 国鉄スワローズ(1950年〜1953年)→国鉄フレッシュスワローズ(1954年〜1955年)→国鉄スワローズ(1961年〜1965年途)→サンケイスワローズ(1965年途)→サンケイアトムズ(1966年〜1968年)→アトムズ(1969年)→ヤクルトアトムズ(1970年〜1973年)→ヤクルトスワローズ(1974年〜2005年)→東京ヤクルトスワローズ(2006年〜) 埼玉西武ライオンズ本拠地:西武第二球場(埼玉県・所沢市) 西鉄ライオンズ(1952年〜1972年)→太平洋クラブライオンズ(1973年〜1976年)→クラウンライターライオンズ(1977年〜1978年)→西武ライオンズ(1979年〜2004年)→インボイス(2005年〜2006年)→グッドウィル(2007年)→埼玉西武ライオンズ(2008年〜) 北海道日本ハムファイターズ本拠地:ファイターズスタジアム(千葉県・鎌ヶ谷市) 東急チックフライヤーズ(1949年〜1953年)→東映チックフライヤーズ(1954年〜1955年)→東映フライヤーズ(1961年〜1972年)→日拓ホームフライヤーズ(1973年)→日本ハムファイターズ(1974年〜2003年)→北海道日本ハムファイターズ(2004年〜) 読売ジャイアンツ本拠地:読売ジャイアンツ球場(神奈川県・川崎市多摩区) 読売ジャイアンツ(1949年〜1953年)→読売ジュニアジャイアンツ(1954年〜1955年)→読売ジャイアンツ(1961年〜) 横浜DeNAベイスターズ本拠地:横須賀スタジアム(神奈川県・横須賀市) 大洋ホエールズ(1950年〜1952年)→大洋松竹ロビンス(1953年)→洋松ジュニアロビンス(1954年)→大洋ジュニアホエールズ(1955年)→大洋ホエールズ(1961年〜1977年)→横浜大洋ホエールズ(1978年〜1992年)→横浜ベイスターズ(1993年〜1999年)→湘南シーレックス(2000年〜2010年)→横浜ベイスターズ(2011年)→横浜DeNAベイスターズ(2012年〜) = ウエスタン・リーグ = ※本拠地所在地順 中日ドラゴンズ本拠地:ナゴヤ球場(愛知県・名古屋市中川区) 名古屋ドラゴンズ(1951年〜1952年)→中日ドラゴンズ(1953年)→中日ダイアモンズ(1954年〜1955年)→中日ドラゴンズ(1956年〜) 阪神タイガース本拠地:阪神鳴尾浜球場(兵庫県・西宮市) 大阪タイガース(1950年〜1953年)→阪神ジャガース(1954年〜1956年)→阪神タイガース(1957年〜) オリックス・バファローズ本拠地:あじさいスタジアム北神戸(兵庫県・神戸市北区)、神戸総合運動公園サブ球場(兵庫県・神戸市須磨区) 阪急ブレーブス(1949年〜1988年)→オリックス・ブレーブス(1989年〜1990年)→オリックス・ブルーウェーブ(1991年〜1999年)→サーパス神戸(2000年〜2005年)→サーパス(2006年〜2008年)→オリックス・バファローズ(2009年〜) 広島東洋カープ本拠地:広島東洋カープ由宇練習場(山口県・岩国市) 広島カープ(1950年〜1953年)→広島グリーンズ(1954年〜1955年)→広島カープグリナーズ(1956年〜1957年)→広島カープ(1958年〜1967年)→広島東洋カープ(1968年〜) 福岡ソフトバンクホークス本拠地:HAWKSベースボールパーク筑後(福岡県・筑後市) 南海ホークス(1949年〜1988年)→福岡ダイエーホークス(1989年〜2004年)→福岡ソフトバンクホークス(2005年〜) 四国アイランドリーグplus 愛媛マンダリンパイレーツ(2005年〜)本拠地:坊っちゃんスタジアム(愛媛県・松山市) 香川オリーブガイナーズ(2005年〜)本拠地:レクザムスタジアム(香川県・高松市) 徳島インディゴソックス(2005年〜)本拠地:JAバンク徳島スタジアム(徳島県・徳島市) 高知ファイティングドッグス(2005年〜)本拠地:高知市野球場(高知県・高知市) ベースボール・チャレンジ・リーグ ※本拠地は主たる開催球場であり、特定のものではない(群馬・武蔵を除く)。
プロ野球の元解説者一覧
プロ野球の元解説者一覧(-やきゅう-もとかいせつしゃいちらん)は、かつてテレビ・ラジオのプロ野球中継番組などで解説者として活動し、現在は特定の放送局・新聞社と契約しておらず、メディア上での解説活動をしていない者の一覧。
当項目の一覧には引退した解説者のほかにも、現在一時活動停止中の解説者も含む。また、同様に過去に解説者として活動したが、現在はすでに鬼籍に入っている人も含む(#故人 故人)。
なお、監督・コーチ就任中の元解説者については野球選手の項、各球団ページを参照。監督・コーチ以外で現在球団に所属している者(例えば、GMやスカウト等)についてはその球団を退団後または在職のまま解説する可能性があるのでここでは割愛する。また、新聞等で評論活動を行なっている者については野球評論家の項を参照せよ。

プロ野球ニュース
『プロ野球ニュース』(プロやきゅうニュース、英称:PROFESSIONAL BASEBALL NEWS)は、かつてフジテレビ系列の地上波テレビ局で放送され、後にフジテレビ系CS放送のフジテレビONEで放送されている、プロ野球(日本プロ野球・NPB)を中心としたスポーツの情報を提供するテレビ番組である。 番組の歴史 地上波時代(第1期) 第1期は、1961年4月1日にニュース番組の1コーナーとして『きょうのプロ野球から』のタイトルでスタート。後に『プロ野球ニュース』に改題した。 その後、1965年に一旦番組終了となる。 放送時間はスタート当初は23:15-23:35だったが、後に23:00-23:35→22:55-23:10に変わった。また、1964年までは翌7:00-7:20に再放送されていた(いずれもペナントレース期間中のみ放送だった)。 1960年にはカラー放送が始まっていたが、まだ、テレビ界で全時間帯におけるカラー化には至ってなく、全体の1割程度だった。
プロ野球ニュース2000
『プロ野球ニュース』より : 『プロ野球ニュース』(プロやきゅうニュース、英称:PROFESSIONAL BASEBALL NEWS)は、かつてフジテレビ系列の地上波テレビ局で放送され、後にフジテレビ系CS放送のフジテレビONEで放送されている、プロ野球(日本プロ野球・NPB)を中心としたスポーツの情報を提供するテレビ番組である。 番組の歴史 地上波時代(第1期) 第1期は、1961年4月1日にニュース番組の1コーナーとして『きょうのプロ野球から』のタイトルでスタート。後に『プロ野球ニュース』に改題した。 その後、1965年に一旦番組終了となる。 放送時間はスタート当初は23:15-23:35だったが、後に23:00-23:35→22:55-23:10に変わった。また、1964年までは翌7:00-7:20に再放送されていた(いずれもペナントレース期間中のみ放送だった)。 1960年にはカラー放送が始まっていたが、まだ、テレビ界で全時間帯におけるカラー化には至ってなく、全体の1割程度だった。
プロ野球ニュース・F1GP
『プロ野球ニュース』より : 『プロ野球ニュース』(プロやきゅうニュース、英称:PROFESSIONAL BASEBALL NEWS)は、かつてフジテレビ系列の地上波テレビ局で放送され、後にフジテレビ系CS放送のフジテレビONEで放送されている、プロ野球(日本プロ野球・NPB)を中心としたスポーツの情報を提供するテレビ番組である。 番組の歴史 地上波時代(第1期) 第1期は、1961年4月1日にニュース番組の1コーナーとして『きょうのプロ野球から』のタイトルでスタート。後に『プロ野球ニュース』に改題した。 その後、1965年に一旦番組終了となる。 放送時間はスタート当初は23:15-23:35だったが、後に23:00-23:35→22:55-23:10に変わった。また、1964年までは翌7:00-7:20に再放送されていた(いずれもペナントレース期間中のみ放送だった)。 1960年にはカラー放送が始まっていたが、まだ、テレビ界で全時間帯におけるカラー化には至ってなく、全体の1割程度だった。
プロ野球日本一チーム一覧
『日本選手権シリーズ』より : 日本選手権シリーズ(にほんせんしゅけんシリーズ、にっぽんせんしゅけんシリーズ、通称:日本シリーズ)は、毎年10月 - 11月ごろに日本のプロ野球のセントラル・リーグとパシフィック・リーグのそれぞれのクライマックスシリーズの勝者が対戦して日本一(その年の日本の年間王者)を決めるシリーズ最後の試合である。正式名称はプロ野球日本選手権シリーズ試合。なお、現在のクライマックスシリーズ勝者の出場は2007年から採用された方式であり、2006年までは各リーグ優勝チームが出場していた。 また、日本シリーズという呼称ではないが1リーグ時代に春季優勝チームと秋季優勝チームが対戦して年間チャンピオンを決める試合もあった。通常は1950年を初回の日本シリーズとし、本項においても1950年以降の試合について述べる。 運営概要 クライマックスシリーズから日本シリーズ進出までの道のり(2007年以後)(H)-そのステージのホームチーム (☆)-隔年でホーム4:ビジター(アウェー)3の配分が異なる。
プロ野球ドラフト会議
『ドラフト会議』より : プロ野球ドラフト会議(プロやきゅうドラフトかいぎ)は、日本野球機構が開催する、新人選手獲得のために行われる会議である。正式名称は新人選手選択会議。 この会議は、毎年10月と11月に一般社団法人日本野球機構(NPB)が主催し、新人選手選択会議規約に定められた手順に基づいて、新人選手との契約交渉権をプロ野球に属する各球団に振り分けるものである。NPBでは新人選手選択会議の他に、育成選手獲得のための育成選手ドラフト(正式名称は育成選手選択会議)が行われる。 ドラフトの制度 ドラフト会議で指名できる選手 ドラフト会議では、新人選手選択会議規約第1条に定められた新人選手が対象となる。すなわち、過去に日本プロ野球の球団に入団したことがない選手のうち、日本国籍を持っている、もしくは日本の中学校、高校とこれに準ずる学校、大学とこれに準ずる団体のいずれか(つまり一条校)に在学した経験をもつ選手である。
プロ野球パシフィック・リーグ年間決勝トーナメント戦戦績一覧
『プレーオフ制度 (日本プロ野球)』より : 日本プロ野球における、プレーオフ制度(プレーオフせいど)について解説する。 1リーグ時代 1リーグ時代は1年1ステージによる長期戦形式ではない時代があり、その年の優勝をかけたプレーオフが行われた。 1936年の場合、春季大会は東京巨人軍はアメリカ遠征のため不参加、また名古屋金鯱軍も結成記念リーグ大会を終えるとアメリカに遠征したため、公式戦でありつつ優勝チームを決めなかったが、夏季大会では東京、大阪、名古屋の3大都市でのトーナメント戦で優勝したチームによるプレーオフが予定されていた。しかし、会場の調達が出来なかったため、優勝預かりとなっている。 同年秋季リーグは3大都市での総当りリーグ5回、トーナメント2回の都合7大会それぞれ優勝したチームに勝ち点1(複数均等割り)を与え、その合計勝ち点の多いチームがリーグ優勝となる。だが、東京巨人軍と大阪タイガースが勝ち点2.5ずつを分け合ったため、3戦2勝制の同点決勝を行い、2勝1敗で制した東京巨人軍が最初のチャンピオンに輝いた。
プロ野球パシフィック・リーグ年間決勝戦・決勝トーナメント戦績一覧
『プレーオフ制度 (日本プロ野球)』より : 日本プロ野球における、プレーオフ制度(プレーオフせいど)について解説する。 1リーグ時代 1リーグ時代は1年1ステージによる長期戦形式ではない時代があり、その年の優勝をかけたプレーオフが行われた。 1936年の場合、春季大会は東京巨人軍はアメリカ遠征のため不参加、また名古屋金鯱軍も結成記念リーグ大会を終えるとアメリカに遠征したため、公式戦でありつつ優勝チームを決めなかったが、夏季大会では東京、大阪、名古屋の3大都市でのトーナメント戦で優勝したチームによるプレーオフが予定されていた。しかし、会場の調達が出来なかったため、優勝預かりとなっている。 同年秋季リーグは3大都市での総当りリーグ5回、トーナメント2回の都合7大会それぞれ優勝したチームに勝ち点1(複数均等割り)を与え、その合計勝ち点の多いチームがリーグ優勝となる。だが、東京巨人軍と大阪タイガースが勝ち点2.5ずつを分け合ったため、3戦2勝制の同点決勝を行い、2勝1敗で制した東京巨人軍が最初のチャンピオンに輝いた。
プロ野球パシフィック・リーグ年間決勝戦・決勝トーナメント戦戦績一覧
『プレーオフ制度 (日本プロ野球)』より : 日本プロ野球における、プレーオフ制度(プレーオフせいど)について解説する。 1リーグ時代 1リーグ時代は1年1ステージによる長期戦形式ではない時代があり、その年の優勝をかけたプレーオフが行われた。 1936年の場合、春季大会は東京巨人軍はアメリカ遠征のため不参加、また名古屋金鯱軍も結成記念リーグ大会を終えるとアメリカに遠征したため、公式戦でありつつ優勝チームを決めなかったが、夏季大会では東京、大阪、名古屋の3大都市でのトーナメント戦で優勝したチームによるプレーオフが予定されていた。しかし、会場の調達が出来なかったため、優勝預かりとなっている。 同年秋季リーグは3大都市での総当りリーグ5回、トーナメント2回の都合7大会それぞれ優勝したチームに勝ち点1(複数均等割り)を与え、その合計勝ち点の多いチームがリーグ優勝となる。だが、東京巨人軍と大阪タイガースが勝ち点2.5ずつを分け合ったため、3戦2勝制の同点決勝を行い、2勝1敗で制した東京巨人軍が最初のチャンピオンに輝いた。
プロ野球ファミリースタジアム
『プロ野球ファミリースタジアム』(プロやきゅうファミリースタジアム、Pro Yakyu Family Stadium)とは、1986年12月10日にナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント。NBEI)から発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用野球ゲームソフトである。当時ナムコが家庭用ゲーム機において展開していたブランド「ナムコット」(namcot)を冠して発売したファミリーコンピュータ用ソフトとしては、第21作目にあたる。略称は「ファミリースタジアム」(Family Stadium)、「ファミスタ」(Famista)。 なお、本作以前にもナムコはエレメカの野球ゲームを発表していたが、ビデオゲーム形式としては初の作品だった。 同時期には、アーケードゲームとして任天堂VS.システム基板に移植され、1987年には、北アメリカ(北米)にもアタリゲームズからメジャーリーグベースボール(MLB)公認のデータに差し替えた『ATARI R.B.I. BASEBALL』を稼働開始、1988年には『R.B.I. BASEBALL』のタイトルでファミコンの現地版にあたるNintendo Entertainment System用ソフトも発売された。
プロ野球ワールドスタジアム
『プロ野球ファミリースタジアム』より : 『プロ野球ワールドスタジアム』(プロやきゅうワールドスタジアム)は、ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)が1988年に日本でリリースしたアーケード用野球ゲーム。1986年のファミコン用ソフト『プロ野球ファミリースタジアム』を第1作とするファミスタシリーズから派生した、ワールドスタジアム(ワースタ)シリーズの第1作。1990年12月14日には、エス・ピー・エスがX68000版を発売している。 なお、1988年5月にはPCエンジンで本作と同名の『プロ野球ワールドスタジアム』が発売されているが、ゲームシステムはファミコン版に近くアーケード版との共通点は少ない。 1988年3月稼働開始。1989年と1990年に選手データを入れ替えた「プロ野球ワールドスタジアム'89開幕版」及び「プロ野球ワールドスタジアム'90激闘版」がリリースされている。初代ファミスタ及び続編・ファミスタ'87年度版で完成されたゲームシステムをほぼそのまま踏襲しているが、本作のリリース前後から肖像権や選手無断使用に関するクレームが厳しくなったためか、1作目ではガイアンツ所属選手のみ「くわがた」や「ほそずか」のような架空の選手名に変更されており『'89』以降は全球団とも架空の選手名に変更されている。
プロ野球スピリッツ3
『プロ野球スピリッツ3』(プロやきゅうスピリッツスリー)は、コナミデジタルエンタテインメント(以下、KDE-J)から、2006年4月6日にPlayStation 2及びXbox 360のダブルプラットフォーム向けに発売されたリアル野球ゲーム。『プロ野球スピリッツ』シリーズの3作目にあたる。略称は『プロスピ3』。 本来はこの作品でシリーズが終了するはずだったが、好評により続編(『プロ野球スピリッツ4)の発売が決定した。 Xbox 360版には、リアル野球ゲーム史上初のオンライン対戦が収録されており、全国のプレイヤーと対戦できるようになっている。 今作の「ペナントレースモード」からは真剣ペナント・MVPペナント・名将ペナント・フリーペナントの4種類の楽しみ方ができるようになっている。また、新モードとして「トライアル・ストライクピッチ」が登場している。 リアル野球ゲームとして評価の高いシリーズであるが、本作では発売当初から様々な誤作動やプログラムミスが複数ユーザーから指摘されている。
プロ野球アナウンサー一覧
『野球実況アナウンサー一覧』より : 野球実況アナウンサー一覧(やきゅうじっきょうアナウンサーいちらん) この一覧は、プロ野球やアマチュア野球などの公式試合の中継番組などで実況及びベンチリポートをするアナウンサーの一覧である(五十音順 ★印はラ・テ兼営局、□は子会社にラジオ局がある。▼印はAMステレオ放送実施局)。 日本 ★NHK 日本放送協会 プロ野球中継担当のアナウンサーのみ表記。MLB、高校野球中継では、下記以外のアナウンサーも担当する。 = NHKグローバルメディアサービス = 伊藤慶太 田中崇裕 塚本貴之 冨坂和男 早瀬雄一 = 東京アナウンス室 = 秋山浩志 浅井僚馬 上野速人 工藤三郎 筒井亮太郎 福澤浩行 森中直樹 = 札幌放送局 = 飯塚洋介 三浦拓実 宮田貴行 = 青森放送局 = 高瀬登志彦 = 仙台放送局 = 小野卓哉 笠井大輔 豊原謙二郎 = 千葉放送局 = 高鍬亮 = 横浜放送局 = 池野健 = 名古屋放送局 = 鏡和臣 竹林宏 横井健吉 = 大阪放送局 = 広坂安伸 星野圭介 横山哲也 渡辺憲司 = 神戸放送局 = 小野塚康之 = 広島放送局 = 北野剛寛 厚井大樹 下境秀幸 高木修平 吉松欣史 = 福岡放送局 = 坂梨哲士 白崎義彦 別井敬之 民放テレビ局(ラ・テ兼営含む) ※神宮球場におけるスワローズ主催試合の放送権はフジテレビ・ニッポン放送・文化放送・テレビ朝日のみが恒常的に保有しているが、TBSテレビ・日本テレビも前記各テレビ局が中継しないカードをフジテレビから個別に購入する形で放送権の取得が可能とされる。
「プロ野球」をWikipedia内で全文検索

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Text is available under GNU Free Documentation License.


「プロ野球」でのウェブサイトのYahoo検索結果



→最新のYahoo検索結果を見る。




「プロ野球」に関係するYahoo!知恵袋検索結果


プロ野球選手で焼肉の嫌いな人はいますか?
プロ野球選手で焼肉の嫌いな人はいますか?

野球はテレビで見るのと野球場で見るのでは違いますか?プロ野球とは縁のない地域に...
野球はテレビで見るのと野球場で見るのでは違いますか?プロ野球とは縁のない地域に住んでいますが、高校野球なら近所でやっています。 準決勝くらいになるとNHKで実況中継されるけど、見に行けるなら見に行ったほうが良いと思いますか?プロ野球と違ってお金もあまりかからないですし。

[2017年プロ野球火曜日の勝敗予想] 7月25日火曜日に開催されるプロ野球6試合の...
[2017年プロ野球火曜日の勝敗予想] 7月25日火曜日に開催されるプロ野球6試合の勝利チームを予想してください。 ①巨人VS広島(岐阜・長良川球場) ②ヤクルトVS中日(神宮球場) ③阪神VSDeNA(甲子園球場) ④日本ハムVSロッテ(釧路市民球場) ⑤楽天VSソフトバンク(Koboパーク宮城) ⑥西武VSオリックス(メットライフドーム ・一番沢山勝利チームを当てた方をBAとします。 ・複数の方が同じ正解数で並んだ場合は、一番先に回答された方をBAとします。 ・雨天などの中止や、引き分けの場合は、その試合はノーカウントとします。 ・回答締切は、7月25日13時とします。(釧路が13時開始) ・回答の編集はしないでください。 ・今後は、木曜日スタートで翌週の火曜日の試合の予想をしてもらうパターンでいきます。

7月25日(火)のプロ野球6試合の結果を得点付で予想してみてください。 7月25日13時...
7月25日(火)のプロ野球6試合の結果を得点付で予想してみてください。 7月25日13時を締め切りとさせていただきます。 (釧路が中止の場合のみ18時まで延長) ※平日ですがデーゲームがありますので締め切り早くなっておりますので注意して下さい。 基本的に6試合の勝敗の結果優先ですが、並んだ場合は以下を対象にします。 1.6試合の得失点差の近似 2.6試合の総得点の近似 3.1、2でなお同点の場合は投稿が早かった方。(ここまでもつれた場合はリクエスト質問対応) ※中止が発生した場合はその試合を無効として行われた試合のみで集計いたします。全試合中止の場合は質問そのものを取り消します。 対戦カードは以下のようになっています。 セリーグ 巨人vs広島(岐阜長良川) ヤクルトvs中日(神宮) 阪神vsDeNA(甲子園) パリーグ 日本ハムvsロッテ(釧路) 楽天vsソフトバンク(Kobo宮城) 西武vsオリックス(メットライフドーム) 予告先発 セリーグ 巨vs広:マイコラスvs野村 ヤvs中:原樹理vs吉見 神vsDe:岩貞vs今永 パリーグ 日vsロ:有原vsスタンリッジ 楽vsソ:則本vs東浜 西vsオ:十亀vsディクソン 釧路で2008年以来の開催(2009年雨天中止以降日程に組まれず)。 セリーグは広島がジョンソン故障も出たがそれでも独走態勢。早ければ7/29(土)マツダスタジアムのヤクルト戦でマジック38点灯です。(最短優勝は8/23(水)横浜スタジアムでのDeNA戦) その広島と9差の2位阪神、阪神から1差の3位DeNAが広島への挑戦権をかけた甲子園での直接対決。阪神は高校野球による長期ロード前最後の3連戦です。 パリーグは首位楽天と2位ソフトバンクが1.5差で直接対決、楽天はアマダーがここにきて活躍もペゲーロと岡島の故障が不安材料か? 3位西武と4位オリックスの直接対決ですが両者のゲーム差は8.5。メットライフドームオリックス5戦全勝がどう出るか? なお、マジック点灯以後両リーグ1位・2位・3位全て確定するまではBA100枚になります。(この場合消滅の可否も関係ありません)

昨日、SASUKE第34回大会の全出場者が発表されましたね。 No.1 KAREN CYBERJAPAN DA...
昨日、SASUKE第34回大会の全出場者が発表されましたね。 No.1 KAREN CYBERJAPAN DANCERS No.2 石田たくみ お笑い芸人 カミナリ No.3 鳥澤克秀 人材派遣アイ・ビー・エス 営業 No.4 川村与 志人 西宮市議会議員 No.5 宮澤諒太 農家 No.6 上野勇希 DDTプロレスラー No.7 松澤聖 NTTドコモ 勤務 No.8 滝口由太 道の港まるたけ三代目 No.9 本橋俊輔 鮨なんば 板前 No.10 宮脇常嘉 美容師 No.11 大久保玲生 ドワンゴ 勤務 No.12 岩間良真 台湾ラーメン幸龍 店長 No.13 髙岩信央 陸上自衛官 No.14 笹本丈弘 観光バス運転手 No.15 木村明弘 裁判所事務官 No.16 岡本幹正 大正製薬 営業 No.17 松村雅史 Senoh 営業 No.18 井上慶輔 人工芝メーカー 営業 No.19 森雄大 三菱自動車 営業 No.20 中島剛 ミズノ 営業 No.21 伊藤平 焼肉 SATOブリアン 店員 No.22 吉田隆之 リアル脱出ゲーム コンテンツディレクター No.23 高平保 航空機製造会社 勤務 No.24 長原遼太郎 福島県浪江町 派遣職員 No.25 仲田克也 モデル 兼 俳優 No.26 内洞遼 旅行代理店 営業 No.27 大石恵也 巡視船あしたか 乗組員 No.28 濱田敬太 キャビンアテンダント No.29 橘大貴 漁師 No.30 野口達雄 積水ハウス 勤務 No.31 小林寛和 東洋大学 アイススケート部 No.32 福田竜也 慶應義塾大学 軟式野球部 No.33 望月雄斗 陸上自衛官 No.34 小野美波 潜水士 No.35 鈴木健太郎 フィギュアスケート インストラクター No.36 上田拳嗣 ファイアーナイフダンサー No.37 田中佑樹 プールインストラクター No.38 宇賀神翔悟 足場工事職人 No.39 中山広基 アウトリガーカヌークラブコーチ No.40 藤松龍弘 居酒屋オーナー No.41 細江樹 スラックライン プロライダー No.42 天野ジョージ ロックバンド 撃鉄 ボーカル No.43 卜部弘嵩 第2代K-1スーパー・フェザー級王者 No.44 岩本照 ジャニーズJr. No.45 日置将士 キタガワ電気 店長 No.46 高須清輝 漁師 第37金比羅丸(予想ではゼッケン88) No.47 山本浩茂 ゲームセンター SEGA 従業員 No.48 渡辺陽介 建築現場監督 No.49 小畑仁志 海苔機械メンテナンス No.50 岸野涼吾 中学2年生 No.51 染谷有香 グラビアアイドル No.52 レナ バニラビーンズ No.53 松田夏藍 利根商業高等学校2年 No.54 宇佐見真央 獨協大学 陸上部 No.55 長崎剛政 トランポランド 店長 No.56 多田竜也 山形県庁 職員 No.57 上西隆史 WORLD ORDER No.58 青木悠介 俳優 No.59 HAYATE アクションパフォーマー No.60 河野優也 RIZAP トレーナー No.61 酒井靖史 スタントマン No.62 榮悠樹 消防士 No.63 小澤佑太 東京トヨペット サービスエンジニア No.64 塚本博樹 パーソナルトレーナー No.65 田原紘樹 京都大学職員・僧侶 No.66 渡辺崇仁 アクション塾コーチ No.67 星慎太郎 木瀬中学校 体育教師 No.68 松田大介 松田水道 経営 No.69 河野孝士朗 体操コーチ No.70 藤川悠司 Dr.ストレッチ トレーナー No.71 山崎亜久里 歯科医師 No.72 小笠原翼 遺品整理士 No.73 藤本宗一郎 海上自衛官 No.74 山本桂太朗 栄光ゼミナール 講師 No.75 ディオン・トリグ Ninja Warrior UK代表 No.76 白鳥大珠 プロボクサー No.77 帖地大喜 GOLD'S GYM トレーナー No.78 稲付洋平 志布志市役所 職員 No.79 谷本竜也 花園大学 男子新体操部コーチ No.80 五十嵐大 雪印メグミルク 海老名工場 No.81 武尊 K-1史上初2階級制覇チャンピオン(予想ではゼッケン89) No.82 片山義章 レーシングドライバー No.83 高橋賢次 KONG EXPRESS 代表 No.84 鈴木祐輔 厚木中学校 体育教師(予想ではゼッケン86) No.85 河谷佐助 プロサーファー No.86 中川貴晴 ソサイチ日本代表 No.87 ジェシー・グラフ スタントウーマン No.88 塚田僚一 A.B.C-Z(予想ではゼッケン91) No.89 樽美酒研二 ゴールデンボンバー ドラム(予想ではゼッケン84) No.90 森渉 俳優(予想ではゼッケン94) No.91 竹田敏浩 加圧トレーニングジム 経営(予想ではゼッケン93) No.92 山本進悟 トレーニングジム 経営(予想ではゼッケン92) No.93 ラギヴァル・アナスターズ タヒチアンダンス 講師(予想ではゼッケン85) No.94 又地諒 配管工(予想ではゼッケン82) No.95 長崎峻侑 トランポリンパフォーマー(予想ではゼッケン97) No.96 佐藤惇 パルクール指導員(的中) No.97 ドリュー・ドレッシェル ジムトレーナー(予想ではゼッケン99) No.98 川口朋広 コンクリートミキサー車 運転手(予想ではゼッケン95) No.99 漆原裕治 靴のハルタ 営業(予想ではゼッケン83) No.100 森本裕介 IDEC ソフトウェアエンジニア(的中) これについてどう思いますか?

アラちゃんに質問です。 楽天の強みと言えば何ですか? もう1つは、日本女子プロ...
アラちゃんに質問です。 楽天の強みと言えば何ですか? もう1つは、日本女子プロ野球も好きですか? 今日も、良い1日を過ごしてね☆

プロ野球のオフシーズンはいつですか?
プロ野球のオフシーズンはいつですか?

プロ野球選手は衆道(男色)両刀使いではないのですか。 異性だけですか。 戦国武将...
プロ野球選手は衆道(男色)両刀使いではないのですか。 異性だけですか。 戦国武将は衆道は当たり前、両刀使いが多かったです。

リクエスト失礼します。 renewal_baseball_yosouさんにリクエストです。 プロ野球...
リクエスト失礼します。 renewal_baseball_yosouさんにリクエストです。 プロ野球12試合予想同点リクエストです。 回答して頂けたら確実にベストアンサーに選ばせて頂きます。 楽 天とソフトバンクの熾烈な優勝争い。最後に笑うのはどちらのチームと予想されますか?

プロ野球通算勝数予想。 以下の12球団の7月30日(日)終了までの通算勝数を予...
プロ野球通算勝数予想。 以下の12球団の7月30日(日)終了までの通算勝数を予想してください。 ①楽天②ソフトバンク③西武④オリックス⑤日本ハム⑥ロッテ⑦広島⑧阪神⑨DeNA⑩巨人⑪中日⑫ヤク ルト 現在の勝数 ①55勝②58勝③46勝④38勝⑤32勝⑥28勝⑦56勝⑧46勝⑨45勝⑩41勝⑪39勝⑫29勝 ベストアンサーは、最多的中された方で投稿の1番早かった方とします。他の同点の方にはリクエストします。 締切は、7月25日(火)午後6時です。以降の回答・編集は、ベストアンサー対象外です。 7月25日デーゲームがありますから、その結果も踏まえ、予想や編集してください。


→最新のYahoo!知恵袋検索結果をもっと見る。
→教えてGoo(OKwave)で最新の検索結果を見る。



「プロ野球」に関係するブログ検索結果



→Yahoo!ブログ検索結果をもっと見る。
→Googleブログ検索の結果を見る。